せどり初心者でもすぐできる Amazon手数料を計算してくれるFBA料金シミュレーターの使い方講座

どうも、たかふぃんです。

今回は、仕入れたものの手数料などを計算してくれるFBA料金シミュレーターの使い方を解説していきます。

こちらのFBA料金シミュレーターとはアマゾンで販売する際にかかる手数料を計算してくれるとっても便利なツールです。
「転売・せどり」は慣れてくるとだいたいの手数料を頭で計算できるようになりますが、初心者の方は必ずこのFBA料金シミュレーターを活用するようにしてください。

実際に仕入れた商品で仕入れとアマゾンに価格差があるのに手数料を考えずに販売してほとんど利益が出ないと言った方も多くいますので、最初は面倒でもしっかりこのFBA料金シミュレーターを活用していきましょう。

では詳しく解説していきます。

FBA料金シミュレーターを解説

まずこちらをクリック

FBA料金シミュレーター

そうすると以下の画面がでてきます。

この①のところの検索窓にJANコードや商品名を入力してください。

次に検索結果がでますので、自分の商品を選びます。

ここから、自己発送の場合とFBA発送の場合の入力が違いますのでそれぞれ説明していきます。

FBAの場合(略式計算)

まず、下記の赤枠部分(商品代金)に売価(売りたい金額)を入力します。

そうすると以下の画面が表示されます。

手数料などの詳しい金額が一発で表示されます。

ここで重要な項目は一番下の
純利益
純利益率です。

この略式計算では売価(売りたい金額)しか入力してないので、
この商品が売価(売りたい金額)で販売できた際にアマゾンから入金される金額を表示しています。
ですので、この金額から仕入れ費用と、アマゾンへの発送料を加味しなければしけません。

利益 – 商品原価 – アマゾンへの配送料 = 純利益(実際の利益)

画像の商品の原価が1000円の場合

1507 – 1000 – アマゾンへの配送料 = 純利益(実際の利益)

これが略式計算ですね。
売価(売りたい金額)だけの入力でアマゾン手数料を計算してくれるので、
そこに表示された純利益より安く仕入れれば利益はでるということになりますが、もっと詳しく知りたい場合は商品代金だけの入力だけでなく全項目を入力するとすべて教えてくれます。

FBAの場合(正式計算)

では以下の画像の項目①②③の赤枠部分に数字を入力していきましょう。

まず、①商品代金のところに売価(売りたい金額)を入力します。

次に、②の部分にアマゾン倉庫への配送料を入力します(わからなければパス)。
(一度に何個か送る際は金額÷商品数で計算するといいです)

最後に③に仕入れ金額を入力します。

そうすると、

すべてを加味した利益金額を表示してくれます。
これで正式な利益金額と利益率がわかりましたね。

続いては同じ商品で自己発送で送る場合を解説していきます。

自己発送の場合

こちらは商品を自分で購入者に送る場合に利用します。

では入力していきましょう。

まず①の商品代金のところに売価(売りたい金額)を入力。

②の配送料というのは、購入者が負担する配送の金額を入力します。
よく、自己発送の場合下記の表示を見ますが
+⚪︎⚪︎円のところをここに入力します。

③は購入者に届ける際の発送費用だったり、梱包費用ですね。

最後に④商品原価を入力し、計算をクリック。

こちらが自己発送で送った場合のアマゾンからの入金額です。

注意点

どうたったでしょうか?
価格差は微々たるものであれば絶対FBAで販売したほうが効率的じゃないですか??
アマゾンに送るだけであとは購入者に販売から発送までしてくるんですよ!!
ぜひこちらも参考にしてください。

FBAというシステムについて詳しく解説

 

これらが、料金シミュレータを使った利益の計算方法でした。
ただし、こちらの料金シミュレータを利用する場合に注意点があります。
それは、

1、 手数料の消費税が含まれていない。
2、 各種キャンペーンなどの手数料割引が加味されない。

ということです。
手数料の消費税が含まれていないので高単価商品などでは結構消費税がかかったりするのでこちらも把握しておかなければなりません。
また、アマゾンはよくキャンペーンで特定のジャンルの販売手数料を安くすることがありますがこちらも加味されませんので、利益が出ないと思っていた商品も実際はちょこっと利益出る商品だったりするので、キャンペーン時などはしっかり自分で計算するようにしましょう。

キャンペーン適用の料金を知りたい場合

キャンペーンなどの手数料割引を計算してくれるサイトを紹介します。

それがこちら、

Amafee

です。

こちらの使い方は、

仕入値・想定売価・商品サイズ・大口か小口・FBAか自己発送を選択します。

あとはカテゴリー検索すれば計算してくれます。

キャンペーンなどで手数料7.5%とかある場合は、カテゴリー選択のしたの「その他8%」で計算すると若干の誤差は生じますが、

自分で一個一個計算するより早いので有効に活用してください。

まとめ

どうだったでしょうか?

初心者の時は必ずこの料金シュミレーターを活用しながら利益を把握しましょう。

基本的に大きさや重量が同じ商品は手数料も同じになります。

ゲームなら、WiiのソフトPS4のソフトXBOXのソフトはそれぞれ手数料がいくらかかるかを覚えておけば、暗算でできるようになります。

このような小さい時短をやっていくことでリサーチに使える時間を増やしたり、違う作業に充てたりできるのでぜひ覚えていってください。