中古せどりで実際に稼いだ商品公開!店舗・ネットショップも大公開!

どうも、たかふぃんです。

今回は、僕がよく使っている中古商品の仕入れ先とその店舗の見るべきポイントを大暴露していこうと思います。

その前に、中古商品のメリット・デメリットについての解説を書いている記事を読んでいない方はコチラもチェックしておいてください。

中古商品の仕入れのポイント

まず、中古仕入れの大事なポイントとして「他の人が見ない・検索しにくい商品を検索する」というのが前提にあります。

中古商品の「転売・せどり」は「外箱がなくバーコードが無い商品」「検索しても該当商品にヒットしにくい」という新品商品ではありえないことがよくおこります。

 

ですので、ライバルが見向きもしない棚やコーナーだったり、検索するのが大変な商品を丁寧にリサーチしていくのが利益商品を見つけるカギとなります。

では、早速仕入れ可能な店舗を紹介していきます。

店舗編

仕入先店舗① ハードオフ

 

言わずと知れたリサイクルショップの王道ですね。

僕自身もよく通って仕入しています。

ハードオフでのリサーチポイント

ハードオフは店舗によってちょっとずつ扱っているジャンルが違いますが、基本的には「各ジャンルずつリサーチする」ということです。

 

やみくもにリサーチしても「どれをリサーチしたか?」を忘れしまったりするので、各棚の商品を1つずつしっかりリサーチするのが大事です。

 

ライバルや初心者の方は「バーコードがある商品」や「検索しやすい商品」だけをリサーチしている方が多いので、ショーケースの中の検索しにくい商品・名前がわからず検索しにくい商品を丁寧に検索するとおいしい商品が転がっていますのでぜひ根気よくリサーチしましょう。

「ジャンク」コーナーでも新品・未開封品や動作チェックしていなくても動作品が格安である為に必ずこちらのコーナーも見るようにしましょう。

また、店舗によって直営店だったりFC店(フランチャイズ)だったりするので値付けも店舗によって変わりますので「この店舗はPC関連が安いな~」とか「こっちは音楽系が安い」と本当に店舗によって変わるのでできるがきり細かくお店の特徴を把握してリサーチ・仕入れをしましょう。

ハードオフで僕が実際仕入れた商品を紹介します。

こちらの2商品ともにジャンクコーナーにあった商品です。

仕入値540円→2600円

こちらは未開封品でしたが、ケースが汚れていた為「ほぼ新品」で出品しました。

 

 

 

仕入値972円→4800円

こちらは「動作品 シャッター切れました」とあったので購入後検品してみたら他の機能も全部使えたので、「良い」で出品しました。

 

 

 

こちらはショーケースにあった商品です。

仕入値10800円→16480円

こちらは「良い」出品

 

 

こちらは通常棚にあった、未使用品ですが外箱とかない為「ほぼ新品」で出品

仕入値5400円→11980円

紹介した全商品はFBAに送ってから1か月以内では全部売れた商品です。

回転率・利益率ともにいい商品が結構ありますのでぜひ「ハードオフ」仕入れ先としてリストに入れてみてください。

 

ちょこちょこ店舗にいって商品を見ていればリサーチ対象商品かどうかも分かってくるので最初は全頭検索しましょう。

 

仕入先店舗② セカンドストリート

 

こちらも全国にある「リサイクルショップ」ですね。

僕がよく見ているジャンル・コーナーとしては、

・生活家電

・音楽機材関連

・美容家電

・未使用の化粧品や電球などの生活雑貨

これらを重点的にリサーチするようにしています。

 

その中でもとくに「音楽機材関連」は値付けが甘い店舗が多いと感じています。

実際に僕が仕入れた「音楽機材関連」商品を紹介します。

仕入値4860円→11880円(良い)

仕入値5400円→9780円(良い)

仕入値3654円→9880円(良い)

また、未使用の電球や化粧品・洗剤なども結構利益取れる商品がゴロゴロしていますし、中古の季節家電なども格安出品しているケースがよくあります。

 

他にも、洋服やブランド系の商品も多数ありますが僕はあまり見ません。というかあんまりわからないのでリサーチしていませんが、洋服やブランド系の知識が深い方はAmazonではなくヤフオクやメルカリでの販売実績をチェックして仕入れてみてもいいと思います。

 

仕入先店舗③ 地元のリサイクルショップ・地元のゲームショップ

 

こちらは住んでいる場所で違うと思いますが、結構お宝が眠っていますので自宅近くにあるお店は必ずチェックしましょう。

 

商品数などは大手のリサイクルショップより少ないかもしれませんが、大手より値付けが甘かったり、大手では買い取らないような商品があったりと必ず仕入できる商品はあります。

 

見るべきポイントとしては、やはりショーケースの中だったり、昔のゲームソフトなどで未使用品などのおいしい商品がありますのでお店の特徴を把握するまでは隅々の商品まで検索する必要があります。

また、大手とは違いちょこちょこ来店して顔なじみになると新入荷の商品を教えてくれたり、何点か購入する際に値切り交渉できたりという点も魅力があります。

 

仕入れた商品

 

仕入値15000円→24800円(良い)

仕入値 7980円→12980円(良い)

仕入値 1480円→2980円(新品)

 

仕入先店舗④ 地元のエロ関連のお店

これは、僕が初心者のころに参考にしたブログを書いていた人がおススメしていたので僕もすぐにいって仕入できました。

僕の地元のお店は、DVDやおもちゃがメインですがその他にもフィギュアなどが販売してあり定価の半額とかがあったので買い占めた思い出があります。

おススメとしては、伝説的な女優物なんかもプレ値になっていたりエロゲーム関連も結構高値商品がありますのでチェックしてみてください。

※ちょっと恥ずかしいかもしれませんが仕入れと割り切っていきましょう(僕は個人的に楽しんでましたが・・・)

仕入れた商品

仕入値7000円→14800円(新品)

仕入値2200円→5980円(新品)

仕入値750円→3300円(新品)

仕入値750円→2980円(新品)

ネットショップ編

仕入先ネットショップ① ネットモール

 

こちらは、先ほど紹介した全国のハードオフ商品をネットから購入できるショップです。

見るべきポイント

こちらでは、商品状態をしっかりチェックすると新品商品や未使用品が格安で見つかるのでその部分を重点的に見ていきます。

ネットモールでは商品状態がランクで表示されています。

 

  • N:新品 未開封現行品
  • S:新品同様 廃番商品
  • A:使用回数の少ない美品
  • B:日常使用の中古 傷汚少
  • C:使用感のある中古 傷汚れ多
  • D:数年経過し傷汚れ剥げ多 ジャンク手前

という風にランクに分かれているため検索する商品としては、

NとSを中心にリサーチします。

検索するカテゴリーを選んで絞込時にランクN・Sをチェックするばそのランクの商品だけ表示されますので簡単です。

 

例えば、メーカー出品制限で新品で出品できなくても「ほぼ新品」で販売すればスムーズに売れてくれるケースが多いのであきらめずにリサーチしましょう。

 

仕入値10800円→24800円(ほぼ新品)

仕入値10800円→19800円(新品)

 

仕入先ネットショップ②ソフマップ

 

こちらもおススメのネットショップですね。

僕が本格的にせどりをして仕入れたお店がソフマップです。

幅広いジャンルの商品を扱っていますのでリサーチを丁寧にすればお宝発見できますよ。

仕入れた商品一覧

仕入値9504円→15980円(良い)

仕入値15980円→23000円(ほぼ新品)

仕入値10780円→18500円(非常に良い)

仕入値3780円→6380円(新品)

仕入先ネットショップ③電脳売王

 

こちらは「電脳売王」というサイトです。

家電が激安で買えるのが魅力です。

この記事を書く為にパパッとサイトにアクセスしてパッと目についた商品をリサーチしてみました。

以下の商品

YAMAHA ギガアクセスVPNルーター RTX1200

こちらAmazonの中古最安値が12180円

電脳売王は8999円です。

ちょっと利益はそんなに取れないかもしれませんが、回転がヤバいのですぐに売れるはず。

こういう商品が結構見つかります。

 

 

その他のネットショップで見るべきポイント

 

こういうサイトの他にも大手のネットショップでも仕入れできるポイントは、基本的に「アウトレット・赤札・期間限定・タイムセールなどが仕入れしやすいポイントです。

 

大手一覧のネットショップをご紹介します。

・ビックカメラ

・コジマネット

・ジョーシン

・ヤマダウェブコム

・ノジマオンライン

・ケーズデンキ

などが代表的なサイトです。

これらのサイトで「アウトレット・在庫処分・訳アリ」などのページは必ずチェックするようにしましょう。

 

 

まとめ

中古商品と聞くと「難しそう」「付属品などの検品が大変そう」「クレームがきそう」というような心配をされる方が多いかもしれません。

 

正直、店舗で売っている商品はきちんと動作確認済みですし(ジャンクと記載なければ)、付属品などの説明も購入時に確認するだけ。クレームに関しても僕の実績で言えば20個売って1回あるかないか(説明をしっかりすることが前提)です。

であれば、その分の労力をかけてでも一撃の利益が大きい中古商品は必ず取り入れていくことをお勧めします。

 

フリマやヤフオクのような素人の方から仕入れた商品に関しては、評価を確認したり、質問したり十分注意して仕入れをしていきましょう。