Amazonせどりで稼げる無料アプリ「AmazonSeller」の使い方を解説

どうも、たかふぃんです。
今回は、「AmazonSeller」というアプリの紹介です。

これ↓↓↓


これは、私たち出品者用の無料アプリです。
とっても便利な機能が盛りだくさんのアプリなので使い方をマスターして、売上UPを目指しましょう。

登録方法

まずアプリのダウンロードです。
iPhone 版は「AppStore」、
Android 版は「Google Play」、
からダウンロードできます。

日本を選択し、ログイン画面になったらAmazonに登録してあるメールアドレスとパスワードを入れてサインインします。

ホーム画面は、常に最新のセラー状況が確認できるので外出先でも確認できますのでこれだけでも便利ですが、このアプリの力はこれだけではないのです。
このアプリは店舗へ行った時の検索ツールとして絶大なる力を発揮します。

便利機能を解説

便利機能①商品検索

トップ画面に商品登録とあります。

こちらをクリックすると「販売する商品名を検索」の部分に商品名・JANコードを入力します。
すると、商品がズラッとでてきますのでこの中から該当する商品を選択します。
そうすれば、以下の画像のようなものがでてきます。

該当する商品を選択すると、以下の画像がでます。

このページをみると、
新品・中古を選択できるようになります。
新品でみていくと、
① 現在の最低価格 - 手数料 - 純利益の箇所があります。
ここをタップすると、


出品者から出荷(自己発送)とAmazonから出荷(FBA発送)時の手数料などを検索してくれます。

② こちらは出品者情報を表示しています。
こちらもタップすると、他の出品者の情報がでてきます。

③ ここは出品条件です。
出品できる・できないをコンディションごとに解説しています。

④ 仕様・詳細はこの商品の詳しい説明などが表示されます。

便利機能②画像検索

次に画像検索を説明します。
これがめちゃくちゃ便利なのです。
トップ画面の右上①のカメラのマークをタップします。

こちらのカメラで、JANコードがあればJANコードで検索できるのとJANコードがないような商品(箱がない・ショーケースに入っててJANがわからない・ぬいぐるみなど)を画像で検索してくれます。

この画像検索ができることにより、検索する時間がかなり短くなります。
商品名がわからない商品なども画像で検索してくれるので、今まで商品名がわからずあきらめていた商品なども検索できるようになります。

便利機能③出品可能か教えてくれる

これも便利ですよね。
仕入れる前に出品できる・できないを教えてくれます。

危険物やカテゴリーの許可も反映しているのでどんどんリサーチして仕入れを加速できます。

危険物の場合

出品制限ある場合

まとめ

このように検索して価格差がある商品をモノレートでも検索して自身の仕入れ基準に当てはめて仕入れをしていきましょう。

他にも、注文管理やメッセージ管理なども備えている為外出先でもスマホ一つである程度のセラー機能を使えますのでどんどんこのアプリをつかっていきましょう。

※このアプリ入れると外出先でも売上が気になるようになってちょこちょこ見てしまいます(笑)
歩きスマホや運転中は気をつけましょう。