せどり仕入れ フリマウォッチを使ってたった2分で粗利の出る商品を仕入れる5つの方法

どうも、たかふぃんです。

今回は「フリマウォッチで資産構築法」を解説していきます。

慣れたら簡単に商品リスト(資産)をどんどん作れますのでぜひ参考にして見てください。

 

フリマウォッチとは?

 

フリマウォッチとは何種類かのフリマを同時に検索してアラート通知してくれるとっても便利なアプリです。

以前はスマホのみ対応でしたが、現在ではPC版ができました。

PC版が圧倒的に使いやすく、機能も豊富なので今回はPC版で解説していきます。

 

フリマウォッチを使おう

ログイン方法

フリマウォッチのPC版はブラウザ上で使用します。

以前記事にも書きましたがブラウザはGoogleChromeで使用していきます。

こちらも参考にしてください。

  • まだ導入してない!?仕入れを10倍加速させるGoogleChrome拡張機能を解説

 

では、ログイン方法の説明からはじめます。

https://www.furimawatch.net/tool/

こちらをクリックしてPC版フリマウォッチへいきます。

すると、

こちらの画面がでてきますので、上部分の「ログイン」をクリックします。

次にログインするアカウントを選びます。

「Google」「Facebook」のどちらかを選びます。

※僕はGoogleです。

Googleでログインしようとすると、もし複数アカウントを持っている場合には一覧が表示されますのでその中からどれか1つを選びます。

これでログイン完了です。

サイト上部の表示が「ログアウト」に変わっていたらログイン状態ということです。

商品登録方法(アラート設定)

 

では、早速ですがフリマウォッチに商品を登録していきましょう。

フリマウォッチに商品を登録するとは、その商品が各種フリマで登録したキーワードに該当する商品が出品されると同時にスマホに通知が届いて速攻で商品を確認できる状態になるということです。

 

サイト上部の「アラート」をクリックします。

 

次に「新しいアラートの作成」をクリック。

検索したい商品のキーワード、除外ワード、対象サービスを入力していきます。

 

今回は「資生堂」という検索キーワードとして、除外を「サンプル」としてみます。

対象サービスも全部のままで「アラートのプレビュー」をクリックします。

すると検索結果が表示されます。

この条件で良ければ「これでOK(アラートを登録する)をクリックすれば登録完了です。

 

アラートリストの「スマホ通知」を「通知ON」にしておけば登録した条件の商品が出品される度にスマホに通知してくれます。

フリマウォッチ最大活用法

 

ここまでは、簡単な設定だけでしたがこれではフリマウォッチを使いこなせていません。

なぜかというと先ほどの検索での結果では1923個の商品がヒットしました。

こんな商品数を見るだけでも大変ですし、スマホ通知が鳴りっぱなしで頭が痛くなりますよね。

では、どのようにすれば最大限に活用できて効率よく仕入できるのかを解説していきます。

 

検索キーワード・除外ワードを徹底的に設定する

 

この除外ワードを有効に活用することで、検索対象商品を絞り込むことができます。

例えば、先ほどの「資生堂」を検索にプラスして検索キーワード・除外ワードを入力します。

まず、Amazonでコスメなどを販売するためには「新品」が必須ですから、検索に新品の類似キーワードを入力します。

「新品」「未使用」「未開分」など

 

次に除外ワードを入力します。

パッと見ると試供品などがあるためこれらを除外します。

「試供品」「小袋」「サンプル」などです。

これを除外ワードに入れて検索すると、78商品まで絞り込めました。

 

ここからモノレートなどで検索して売れていて利益のでる商品を仕入していきます。

 

金額を絞り込む

 

アラート作成の際に値段の設定ができます。

いくらからいくらの商品を検索するという設定ですので、これらを絞り込むことによって毎回モノレートをチェックしなくても即座に仕入れることが可能になります。

 

具体的な名前で登録する

 

こちらは家電などで有効的に使えます。

「キャノンプリンター」で検索するとかなりでてきますので、こちらを「MG6530」などのように具体的な型番を入力することで仕入れを効率化します。

 

また、ヤフオクの商品リスト同様に除外ワードに「ジャンク」「動作未確認」などを入力するとより効率的になります。

 

アラート名に仕入上限金額を入れる

こちらは、上記のように具体的な商品名で設定した場合に商品名+仕入上限金額を入力しておくことで瞬時に仕入れ可能か判断できるものです。

中古などの場合は付属品などで販売価格も変わってくるため、下限値段・上限値段を設定せずに目安の仕入金額を入力することでスピードをアップしていきます。

 

Amazonで売れている物を登録していく

 

ここまでは、フリマから調べて仕入れる仕入れないを判断していましたが

Amazonで「プレ値になっている商品」「在庫切れ商品」「人気商品」をどんどん登録することで出品された場合に即仕入れできる商品をリスト化します。

その場合も仕入れ目安金額の記入を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

 

これでフリマウォッチを有効活用して仕入れを加速させ資産を構築していきましょう。

すぐに完璧な商品リスト(アラート登録)はできないので、通知がきて自分が仕入れたい商品と違う場合はプラスで除外キーワードを埋めていくようにすれば理想の商品リストに近づくのでちょこちょこ上書きしていきましょう。

 

最初はヤフオク同様、商品リストの登録は面倒くさいですが1日5商品でも登録すれば1か月で150商品を資産にできますので毎日ちょこちょこでも登録することをお勧めします。