新品せどりと中古せどりを比較!!初心者が取り組むべきはどっち?

どうも、たかふぃんです。

今回は、新品せどり・中古せどりのメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

 

新品せどりのメリット

①回転(商品が売れるまで)が中古より早い

 

売れるスピードが中古に比べて新品は早いです。

一般的にもお店をみてもリサイクルショップより新商品を販売するお店が圧倒的に多いのもやはり需要と供給からいっても新品のほうが売れやすいです。

②出品作業がラク

 

中古の場合には必須の検品作業をする必要がありません。

また、アマゾンに登録する際のコンディション説明も基本的には同じでいいので中古に比べたら非常にラクです。

 

③一度に複数個仕入れることができる

 

中古の場合は基本的に単品ですが、新品だとその店舗にある在庫を何個でも仕入れることができます。

また、店舗でその商品がなくなっても仕入れてもらったり同じ系列のお店に在庫ある場合もあるのでリピート仕入れできるのがメリットです。

 

新品せどりのデメリット

利益率が低い

中古に比べるとどうしても利益率が低い商品が多いです。

目安ですが、僕の実績からいうと、

新品商品の平均利益率:15%〜25%

中古商品の平均利益率:20%〜40%

という感じです。

 

仕入れ資金が多く必要

 

どうしても、新品の家電などは1商品の単価が高いので個数を増やそうと思うと結構資金が必要です。

また、中古と違って新品商品はどれも同じなので販売価格が安いのから売れていきますので、出品者が増えた場合は、価格競争になりやすいです。

また、アマゾンが在庫復活した場合なども売れ行きが落ちる可能性も非常に高いのが難点です。

値崩れの可能性がある

これも非常に大きいデメリットの一つです。

他の出品者が増えて、価格競争になって値崩れして利益が取れない場合やAmazon復活に伴う販売力の低下で売れなくなり不良在庫になったりと商品差別ができないのでどうしても避けて通れないデメリットです。

中古せどりのメリット

 

①同じ商品がない

 

これは、中古の大きなメリットの一つです。

新品商品はどれも同じ状態ですが、中古は傷や汚れ・付属品など同じ商品は2つありません。

ですので、他の出品者の商品と差別化することで売れていきます。

 

②利益率が高い

 

上記でも説明しましたが、平均利益率が新品せどりに比べると非常に高いです。

なぜかというと、基本的に中古家電の仕入れはハードオフやセカンドストリートとのようなリサイクルショップやヤフオクやメルカリなどで仕入れします。

ハードオフやセカンドストリートも売れない期間が長いと安く販売したり、ヤフオクやメルカリなどでは素人の方が何気なくつけた販売金額で購入できるため格安で商品を仕入れすることが頻繁にでき、そういう商品は大きく利益が取れたりします。

 

③商品知識で差別できる(メリット・デメリット両方)

 

これは、メリットでもありデメリットでもありますが商品知識が豊富だと仕入れがスムーズにできます。

例えば、カメラなどの仕入れをするときでも型番や人気商品を知っていたり、特殊な機能が付いている商品は高値で売れる傾向にありますが、そういう商品をすぐにわかる人はそのカテゴリーの仕入れが非常にラクです。

しかし、そういった事を知らずに仕入れしようとするとリサーチに労力と時間を使い過ぎてしまいなかなか仕入れができないという状態に陥ります。

また、家電などは全商品にメーカーの型番が振り分けられていますが興味がない人が見るとただの暗号のように見えるため商品を覚えるのがおっくうになりがちです。

中古せどりのデメリット

検品・出品作業が大変

 

ハードオフやセカンドストリートなどで仕入れした商品は検品をお店側がしているためしなくていいのですが、ネット経由で仕入れた商品は検品作業が必須です。

よくヤフオクやメルカリなどで「動作確認済み」とありますが、あまりあてにならない事が多いです。

実際、僕もヤフオクやメルカリなどで仕入れた商品で出品者の「動作確認済み」を信じて検品せずにアマゾンで販売したところ、売れた商品が使えないことがありクレームになった事例もあります(涙)

中古は検品作業をしっかりしないと自分のアカウントに傷がつく恐れがあるのです。

また、出品時に商品状態をしっかり明記しないと売れないので付属品・傷や汚れなどを記入するという手間もかかります。

まとめ

どうたっだでしょうか?

新品せどりと中古せどりを比較しましたが、カテゴリーでそれぞれ違いますが、僕自身は中古家電を得意としています。

あなたの資金力や好きなカテゴリーによって新品でいくか中古でいくか変わりますが、両方の特色をしっかり把握することでそれぞれのデメリットを克服できます。

初心者の場合は新品のほうが出品作業やお客様の評価の点から言うといいかもしれません。

ぜひしっかり吟味しながら行動して、あなたのスタイルを確立していきましょう。