せどり仕入れ手順をわかりやすく解説!店舗仕入と電脳仕入れの違いとは?

どうも、たかふぃんです、

今回は、どのように仕入れを行うのかをわかりやすく解説します。

はじめて、仕入しようというひとは店舗仕入と・ネットショップ仕入れ両方を解説していますので、ぜひ両方ともに実践してみてください。

基本的な仕入れの流れとして、「店舗仕入れ」と「ネットショップ仕入れ(電脳)」がありますので、別々に解説していきます。

 

店舗仕入れ

店舗仕入れの流れを説明します。

こちらも合わせて読んでください。

新品商品の場合

  • 各店舗へ行き商品のバーコードを探す。

       ↓

  • スマホにインストールしている検索ツールでバーコードを読み取るor

モノレートの検索画面に商品名やバーコードのJANコードを入力する。

       ↓

  • アマゾンに出品してある価格と比較する。

       ↓

  • 価格差があれば料金シュミレーターで利益(利益率)を確認する。

       ↓

  • 利益(利益率)がとれる商品であれば、モノレートでどれぐらいのペースで売れている商品なのかを確認する。

※また、他の出品者の数もここで確認する。

       ↓

  • 出品基準に照らし合わせ、基準内であれば仕入れる。

というのが店舗での新品商品の仕入れ流れになります。

店舗での中古仕入れ

次は店舗での中古仕入れの説明です。

ハードオフやセカンドストリートなどのリサイクルショップでの仕入れの流れです

  • 店舗へ行き、商品のメーカー・型番、付属品の確認をする。

        ↓  

  • スマホに入れている検索ツール、モノレートにメーカー・型番を入力する。

        ↓

  • 出品があれば同じ状態(付属品や傷や汚れの具合)の出品金額を確認する。

        ↓

  • 価格差があれば料金シュミレーターで利益(利益率)を確認する。

        ↓

  • 利益(利益率)が基準内であれば、次にモノレートで販売実績の数量・販売金額を確認する。

        ↓

  • 販売実績も基準内であれば仕入れる。

 

新品と中古の大きく違うところは、コンディションの確認ですね。

新品ではコンディション確認不要ですが、中古は傷や汚れ具合・付属品に有無が価格に大きく関わってくるのでしっかり確認する必要があります。

 

 

ネットショップ仕入れ(電脳)の流れ

 

つづいては、ネットショップ(電脳)での仕入れを解説していきます。

こちらも基本的には店舗仕入れと同じです。

  • 店舗サイト(またはヤフオクやメルカリなど)に行き商品名(またはJANコード)を確認・コピーする。

          ↓

  • コピーした商品名(JANコード)をモノレートで検索する。

          ↓

  • アマゾンに出品してある価格と比較する。

          ↓

  • 価格差があれば料金シュミレーターで利益(利益率)を確認する。

          ↓

  • 利益(利益率)がとれる商品であれば、モノレートでどれぐらいのペースで売れている商品なのかを確認する。

また、他の出品者の数もここで確認する。

  • 中古も基本的に同じ流れ。

 

これがネットショップ(電脳)仕入れの流れにはなりますが、パソコンを使う仕入れになりますのでツールや拡張機能などを使い効率的に仕入れる方法が他にもたくさんあります。

 

まとめ

 

店舗仕入れ・ネットショップ(電脳)ともに仕入れの流れはわかっていただけましたか?

最初は、店舗・ネットショップともになれないので大変な作業と思いますが慣れてくればスピードも徐々に早くなりますのでしっかり実践していきましょう。

「転売・せどり」はリサーチ・仕入れが一番重要な部分です。

これさえできれば稼げます。

しかし、このリサーチ・仕入れで挫折する人がほとんどです。

 

なかなか価格差のある商品を見つけることができない、仕事が忙しくて仕入れに行く時間がない、見つけてもアマゾンでの販売実績がないなど理由は様々ですが、なかなか継続できない人は多いようです。

しかし、スポーツでも勉強でも仕事でもそうですが最初からすんなり上手く行く人なんてそうはいませんよね。

僕自身もそうですが、最初は全く利益のでそうな商品を見つけられませんでした。

何時間も同じお店をぐるぐる回って、1商品ずつリサーチしても全然見つけられない。

そんな日々を繰り返しながら、ようやく見つけた時の喜びは忘れられませんでした(宝探しやっている感覚です)

 

そんな日々を繰り返しながらようやく店舗ではこういう所を調べればいいな、こういう時に行ったほうがいいなとかわかるようになりました。

 

こういう部分もこのブログでしっかりお伝えしていきますので、ぜひ一緒に頑張りましょう。

 

何度も言いますが、リサーチ・仕入れが重要ですので諦めず実践しましょう。

行動は必ず結果に結びつきます。