Amazonショッピングカートを獲得する為に僕が実践した簡単な3つのポイント

どうも、たかふぃんです。

今回は、ショッピングカート獲得するための3つのポイントを解説していきます。

ショッピングカート獲得で売上は劇的に変化しますのでぜひ参考にしてみてください。

ショッピングカートとは?

ショッピングカートとはAmazon商品ページを開いた時に最初に出てくる出品者をいいます。

これ↓↓↓

ほとんどの購入者はこのページの「カートに入れる」から商品を購入するのでこのショッピングカートを獲得できれば必然的に売上が上がるということです。

ではどうやってこの「ショッピングカートを獲得」できるのかを解説していきます。

ショッピングカート獲得の条件は?

実はこれは、「こうすれば確実にショッピングカート獲得できる」という方法はないそうです。Orz

Amazonが発表している条件は以下の通りです。

ちょっとわかりづらいので、簡単にまとめると

① 価格を最低価格にする(競争力のある価格設定)

② 配送料無料(FBA利用・配送料オプション設定)

③ 高評価を集める(顧客満足指数)

となります。
では一つずつ具体的に見ていきましょう。

① 価格を最低価格にする(競争力のある価格設定)

これは、わかりやすいですね。
ほとんどの商品のショッピングカートは最低価格になっている場合が多いです。
Amazonも「お買い得な品ぞろえ」と説明しているように同じ商品であれば、安いほうが喜ばれるのは誰でもそうですよね。

② 配送料無料(FBA利用・配送料オプション設定)

こちらも重要です。
基本的に自己出品VS FBAだと圧倒的にFBAを利用しているほうが獲得しやすくなります。
しかも、最低価格でなくてもFBAで出品しているなら獲得できる確率はグーンと上がります。(僕の経験からいうと最低価格(自己出品)より5%〜10%高くてもショッピングカート獲得できます。

③ 高評価を集める(顧客満足指数)

「マイナスの評価が評価全体の5%以内」と言われていますので、目安として評価100件に対して95件以上良い評価があればいいですね。

実は評価が悪くてもカートを獲得できることがあるので気にしすぎなくても大丈夫です。

ただ、カートを取っていても「悪い評価のお店からは商品を買わない」というお客様もいますので、悪い評価がつかないようしましょう。

まとめ

実は、最近(2017年9月ごろから)Amazonのアルゴリズムの変更なのかカート獲得者が順番に変わるようになりました。

どういうことかというと、FBA利用で同じ価格、同じようなセラー評価の出品者が3人いたとしたら、具体的な時間の間隔などはわかりませんがこの3つのセラーが順番にカート取得者になりようになりました。

ということは、無理な値下げ競争をしなくても順番にカートがまわってくるので売上も伸びて・利益も確保できます。

無駄な競争はやめてみんなで売上・利益を確保できるようになったらいいですね。