せどりで商品が売れない?!売上増に繋がる5つのポイントを解説

どうも、たかふぃんです。

今回は、「売れない」「やばい」「俺だけ売れないの?」って思った時の対処法を解説していきます。

初心者の頃は僕自身も

「なぜ売れないんだー」

と心の中でよく叫んでましたし、「ちゃんと出品されてんのか?」と不安を抱えた日々を送っていました。

しかし、ほとんどの方が初心者の頃にこのような経験をしますし、最初から上手くいく人の方が少ないですので「売れたらいいな〜」と気持ちの余裕を持ちましょう。

 

ただそう言っても売れないとダメなので、しっかりした対策をやっていけば売れない時でも焦らず対応できるのでそちらを解説していきます

商品が売れやすい時期がある

まず、覚えておかないといけないことは物販ビジネスには

「売れる時期」「売れにくい時期」があります。

自分自身に置き換えて考えればなんとなく気づくかもしれませんが、

イベント(キーワード)がある時期は売れやすいです。

例えば、お正月、バレンタイン、入学式、夏休み、ハロウィン、クリスマスなど、誰でもパッと思い浮かぶイベントなどの前はカテゴリーにもよりますが商品が売れやすいです。

 

売れやすい月で言うと、1月、4月、7月、8月、10月、12月です。

 

これは売れやすいという傾向なので、絶対ではないですが平均的な物販業界の推移と言えます。

また、10日〜20日前後より給料日前後(25日前後など)が売れやすいですし平日より週末の方が売れやすい傾向です。

扱かってる商品により売れやすい時期・売れにくい時期も変わってくることを把握しておきましょう。

 

ではここから新規出品者の時の対策を考えていきましょう。

商品が売れない→売れるへの対策

対策①売れる物を売る

これは「転売・せどり」の絶対条件です。

世の中が求めている商品を提供すれば必ず売れていきます

それを教えてくれるのモノレートです。

これを100%使いこなせれば必然的に売上は上がります

ぜひこちらの記事も参考にしてください

 

対策②年中売れる物と時期物を戦略的に仕入れる

これもすごく大事です。

どうしても時期物の商品はその時期は爆発的に売れますが、売れ残って時期を過ぎるとどうしても売れにくくなります。

割合で言えば僕は年中売れそうな物7:時期物3ぐらいで仕入れるようにしています。

 

対策③仕入れの数・ジャンルを増やす

売上は出品数にどうしても比例します。

1日1個売れる商品を5個持っているのと、30個持っているのであれば

必然的に30個持っている出品者の方が売れます。

新規出品の時はどうしても商品数が少ないのが原因もあるので商品数を増やす努力をしていきましょう。

こちらの記事も参考にして商品を増やしましょう。

 

対策④評価数を上げる

これもすごく影響します。

同じ価格の商品が並んでる場合、やはり人間の心理としては評価数が高いところで購入したいと考えます。

評価0の新規出品者は信用度が極端に低いのが真実です。

売れた場合は必ず評価依頼のメールを送るなど地道な努力が必要ですのでこれもしっかりやりましょう。

評価はショッピングカートにも影響しますよ。

 

対策⑤販売価格を定期的に見直す

 

これも定期的に見直す習慣をつけましょう。

同じ商品(新品)であれば安い方を誰でも買います。

価格競争は避けたいですが、どうしても売れない時や、戦略的に価格を上げて販売していない限りは周りの出品者に合わせて販売してみましょう。

 

まとめ

せどりは上記5つのポイントを押さえて仕入していけば必ず売上上がります。

しかし、自分勝手な判断で仕入れをしたり、やみくもに販売しても売れません。

初心者のころはなかなか売れなかったりする場合があります。

僕もそうでした、しかし諦めてそれまでの自分のままなのか、努力して今の自分より少しでも成長するのかは自分次第です。

ぜひ、ゆっくりでもいいので成長する方向ですすみましょう。